MiyabiyNoCafe

迷った時のスピリチャルブログ

Follow Us!

ハイヤーセルフとの対話から霊の声を聞く

      2016/11/02

鉄橋

この世に生まれて来た意味や人生の目的を知ることは、なかなか難しいものです。
結局、現在の環境に満足出来ている人は少ないのかも知れません。

晩年を迎え、やっと人生の意味に気付くこともありますから、世代によっては理解に苦しむ話かも知れません。しかし結局『正しい人生など無い』と断言しておきましょう。

なぜなら人は、また生まれ変わるからです。



スピリチュアルとは

いつも読んで頂いている方からすると、不思議な書き出しだったと感じたはずです。
何故ならば私は『分かりやすく伝えること』を意識しおり、難しい表現は使わないからです。

それなのに今回は、タイトルからいきなり『ハイヤーセルフ』ですからね(≧∀≦)

実は過去に『スピリチュアルカウンセラーって、なに?』みたいな若い女性の相談を受けたことがありました。内容は『結婚するか就職するか迷ってる』とのこと。

『直感でやりたい方へ進んで下さい。どちらにしても学びの試練は訪れます』というニュアンスで回答すると『普通過ぎて、全然スピリチャルじゃない』とのことでした^_^

意地悪するつもりは全くないのですが、求めているものが違うのですね。
そんな経験から学んだことは『人はスピリチュアルっぽさを求めている』ということでした。

何とも不思議な霊界メッセージを演出することで、ある程度は納得させられるのでしょうかね。

『あなたのハイヤーセルフの声を聞くと、守護霊は戦国の武士の霊です。当時の格差の違いから縁談を引き裂かれた相手が今の彼であり、時代を超えた縁を大切にしなくてはなりません。彼とは強く引き合うスピリチュアルな運命を感じるでしょう?』

相手の満足したであろう回答例は、こんな感じでしょうか。
でも、インチキ霊媒師みたいで嫌なんですよね(・ε・)

そもそもスピリチュアルって、もっと現実的なものなのです。

しかもハイヤーセルフは、ある程度引き出すことをしないと見えて来ないわけで、互いに向き合う気持ちにならなければ、何も進まないんですよね。

ハイヤーセルフとは

さて『ハイヤーセルフ』とは何でしょうか。

横文字なので格好良さが含まれていますが、簡単に言うと『潜在意識』です。
これは表面ではなく奥底にある意識なので、自分ではコントロールすることが出来ません。
本質として現れるのに、知ることが出来ない位置付けなのです。

ハイヤーセルフと最も繋がった状態とは、睡眠と起きている間の『まどろみ』とされています。
記憶も曖昧であり、現実なのか夢なのかの時ですから、普通は認識出来ません。

要はその中に詰まっている情報や記憶が『本当の自分』であるということなのです。

ハイヤーセルフとの対話

とても簡単に説明すると、ハイヤーセルフと対話するには『瞑想』が有効であるとされています。
これは仏教で言えば『座禅』であり『祈り』です。

そして行き着く先は『無』であり、これこそが潜在意識との繋がりを現しています。
ちなみに『無』とは『般若心経』の中に一番多く登場する文字であり『人は無いものに対して悩んでいる』という教えでもあります。

『もったいぶらずに、ハイヤーセルフを教えなさい』と言われてしまいそうですが、方法として一番正確なのは、瞑想による自問自答しかありません。

これは『我を受け入れる』ことであり、簡単そうに見えて実は難しいのです。
これが出来ないからこそ、みんなが悩んでいると言っても過言ではありません。

もう一つは、カウンセリングを受けることでしょうか。

しかし考え方として『自分のことを自分で知る』ということが前提があり、カウンセラーはそのお手伝い程度ということを理解しなくてはなりません。

そして結果をどう生かすかも、自分自身に委ねられているのです。
まずは自身が本気にならなければ、知ることの出来ない領域なのです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
現在、コメント返信は停止しております。予め、ご了承下さい。

 - スピリチュアル , ,