MiyabiyNoCafe

迷った時のスピリチャルブログ

Follow Us!

宗教に洗脳されない為の知識

      2017/02/16

榛名神社

まず前提として言っておきたいのは、宗教を否定する内容ではないということです。
現在信仰している宗教があれば、それはそのまま続けて下さい。

今回は『知識として知ること』をテーマとしています。
様々な考え方があると思いますが、一つの説として読んで頂けたらと思います。



神は宗教を作ってはいない

無は有を生みません。
何かがあったから、この世は誕生しました。

そしてそれを作った存在が、天であり神です。
神を信じないという方もいると思いますが、今回は『大元の存在』を神と表現させて下さい。

ここで言いたいことは『神は一つ』ということです。
すると『宗教ごとに神様はいるよね?』と疑問が湧くはずです。

宗教図

上記の図は、神の存在が一つであることを表しています。
宗教とは神を説明する為の考え方であり、宗教のトップにいるのは神ではなく教祖です。

説明するうちに様々な説が飛び交い、いつしか『こっちの神様が正しい』となり宗教戦争が起こってしまうほど悪化してしまいました。

図を見て分かる通り、神は一つなので正しいも間違い何もありません。
神と教祖がごっちゃになってしまい、ますます分かり辛くなってしまったのです。

更に国や地域により、神の呼び名が異なります。
また、時代を超えての言い伝えもある為、伝言ゲームのような結果になるのです。

宗教の『宗』は『そう』とも読め、意味は『おおもと』です。
ですから『全ての一番上』となります。

宗教ビジネス

色々省いて説明していますので、不快に感じる方がいるかも知れません。
しかし、公の場でこの類の話になると、結局は評論家などが出て来て知識合戦が始まり、何だか分からない状態で終わるというオチになってしまいます。

元々、宗教は神のありがたさと感謝の教えを説くもので『このように考え祈ると幸せになれる』というのはどこも同じです。しかしお金が絡んでしまうと、おかしな方向に行ってしまうこともあるようです。
また、政治利用という背景があるのかも知れません。

ちなみに私達が普段神社へお参りする際、お賽銭を入れると思います。
あれは神社の『維持』に対する寄附であり、宗教ビジネスとは関係ありません。
祈祷や占いには人件費や経費が掛かりますので、それも正当と言えます。

怪しいのは高額なツボや出家費用を請求する団体を指しています。

神はいない説

神様はいる? いない?
お化けはいる? いない?
UFOは? ツチノコは?

これらは、昔から議論されている定番ですよね。
実は神が存在しないことは、既に学者によって証明されています。
しかし論文上の定義であり、見えるものではないので理解はかなり難しいはずです。

これについてはウソホントではなく『科学の進歩』として喜ばしいことだと思います。
しかしだからといって、それを強制しないのは、裏を返せば出来ないからです。

極端に言えば、それが常識になってしまうと全国にある神社や寺が必要なくなり、それこそ世界遺産や日常的に唱えられているお経ですらも、意味を無くしてしまうかも知れません。

だから結論を言ってしまうと、どっちでも良いのです。
『触らぬ神に祟りなし』とはこのことを言うのでしょうか。

輪廻天性する・しない説

今回において、私の考えはどうでもいい話なのですが、個人的には仏教を信仰し、前世も来世も存在する『生まれ変わり論』を信じています。

しかしこの考え方は『神の教え』ではなく、宗教論です。
ですから宗教によっては、輪廻天性を否定するものもあります。

ただこれは、当然と言えば当然なのです。
理由として神は全てを作った存在であり、宗教ではないからです。

宗教論はある意味『ツジツマ合わせ』という意味合いが含まれるのかも知れません。
なぜならば『生まれ生きる意味』を説明しなくてはならないからです。
輪廻天性とは、それを円滑に説明する材料なのかも知れません。

宗教ではなく教えを学ぶ

『一緒にするな』とお叱りを受けてしまいそうな表現ですが聞いて下さい。

『神=野球』だとすれば『宗教=球団』になります。

巨人や阪神のファンは敵対することもありますが、結局は野球が好きなのです。
宗教も神様が好きな人の集まりですが、宗教同士はケンカをします。

結局どちらも『地域』と『正しさ』による対立ではないでしょうか。
実際に聞いてみると『何となく嫌い』という答えが返って来ます。

ここまでの話をまとめると、人は『楽しく生きる為の知恵』が欲しいだけなのです。
それならば宗教が説いた素晴らしい教えの『おいしいところ』を学べば良いのです。

仕組みや呼び名を暗記しアラ探しをするのではなく『考え方』を知り、実践して心が軽くなれればそれで良いはずです。それに代表的な宗教は、筋が通った教えを説いていると思います。

『輪廻天性』も採用すると分かりますが、とても素晴らしい教えです。私には『邪念の固まり』だった時期がありましたが、これを学んだことにより全ての悩みから解放されました。目に見えるものではないので伝わり辛いかも知れませんが、私は完全に生まれ変わったと感じています。

しかし、私は宗教家ではありませんから強制ではなく『こういう考え方もあるよ』と提案しているだけなので、信じる信じないの話ではありません。

とにかく大切なのは『様々な考え方がある』という事実を知ることなのです。

ちなみに、仏教と言えば『釈迦』ですが、実は釈迦は輪廻天性を否定しています。
否定というよりは『何も語らず』という方が正しいようです。
そうなれば、仏教信者が輪廻天性を信じることは間違いだと定義されます。

結局、気が付くと正しさを追求してしまうことがありますが、悟りとは思考ではなく『体感』であり、言葉を超えた優劣の無い領域なのです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
現在、コメント返信は停止しております。予め、ご了承下さい。

 - 宇宙の法則 , , , , ,