MiyabiyNoCafe

迷った時のスピリチャルブログ

Follow Us!

『みんなに優しく』は間違い『合わない人には会わない』

   

チューリップ,ピンク

昔から、受け継がれている言葉があります。

しかしその中に、疑問を感じるものがいくつかあります。
例えば『みんなに、優しくしましょう』と言いますよね。

でもあれは、間違いなのです。



それでも一度は優しくしましょう

『人にしたことは、必ず返って来る』と言いますが、あれは本当の話です。
それが直ぐではないので、なかなか受け入れられないかも知れませんが、何れ分かる時が来ます。

特に初対面では、相手の気持ちを考えて優しく接したいものです。
ただ、ここまでは誰でも出来るんですよね。
問題は、その先です。

ある程度相手との距離が縮まり馴染んでくると、ダレてしまいます。
もしくは自分の立場を上にしようと、何かしら操作をするんですよね。
この変化が、人間関係を崩してしまう原因です。

それでつい人付き合いが面倒に感じますが、あれこれ悩まずにもっとシンプルに考えるべきです。
自分は変わらず、優しくするのです。

ちょっと矛盾しているように聞こえるかも知れませんが、その先があります。
相手がつけ込んで来たら、直ぐに離れるようにすれば良いのです。

『それが出来れば苦労しない』と思うかも知れません。
しかしそれは、あなたの弱さ以外の何物でもありません。

コミュニティーは自分で選ぶ

どこかのグループへ所属していないと、不安になると思います。
もしくは一緒に行動する相手が、欲しいものです。
しかしそれが合わない、グループや人であった場合はどうでしょうか。

ここで考えて欲しいのですが、人って思っているよりも、いっぱいいるんですよね。
更に、人生の中で付き合う相手の人数は限られています。

逆に言えば、その他は関係ないか上辺だけなのです。
だったら、ちゃんと選んでも良いんじゃないかと思うんですよね。

・合う人と会う。
・合わない人と会わない。

この人生は一度切りですから、このことだけはもっと自分本位になるべきなのです。
もちろん『世渡り上手』という意味ではありません。

人に優しくし、それに答えてくれる相手を更に大切にするという意味です。

出会いの意味

親子でも結婚でも、出会う縁には意味があります。

スピリチュアルな言い方をすれば『子は親を選んで産まれる』のです。
しかし現世では『子は親を選べない』となっているので、意味が通じないかも知れません。

しかし、この親で、この兄妹だからこそ成長するのです。

ただ、生まれ持っての縁はせいぜい親戚までです。
結婚や友人、仕事関係は少々意味が違います。

例えば結婚の場合は、極性が反対なことが多いです。

具体的に言えば『自分に持っていないものを持っている相手』となります。
それを尊重し合えば、成長に繋がりますし、認められなくて感性が合わないとしてしまえば、それまでのことなのです。実は一度失敗した人が次に連れて来る相手は、前回と同じような人が多いのです。

結局は極性により引き合っているので、当然と言えば当然です。
だから何度でも修行すべきなので、一概に離婚が悪いとは言えません。
ただ、周りに迷惑を掛けることだけは、意識して避けて下さい。

まれに同じ極性同士が結ばれ、仲良く暮らしている夫婦がいます。これはお互いがお互いを尊重し、楽しく生きようと決めているわけですから、とても人間レベルが高いのです。このような人は『苦労が無い』と見られがちですが、実はそれなりの運命を背負っていたりもするのです。

もはや、レベル比較するような対象の方ではありません。

まとめ

今回の話は、簡単に思えて実は難しい要素を多く含んでいます。
文章だけでは伝わりにくいかも知れませんが、人に優しくし続けることに変わりはありません。

ここでちょっと、例えを言います。

『相手に質問をされて答えると、その時もう相手は聞いていない』という場合があります。
これが意味することは2つあります。

・あなたの答えがおかしい。
・相手がその程度の人間である。

まずは自分が、おかしなことを言っていないか相手の立場になって考えて下さい。
その中に、文句や愚痴が含まれていないかも確認します。

言葉と人相は人柄を全て表しますから重要なのです。

もしもそれで、自分に落度が無ければ、その相手と付合う必要はありません。
無視したり、ケンカをするという意味ではありませんよ。
上手に離れて行きましょう。

今回の話がしっかり理解出来て行動に移せるようになれば、その先には素晴らしいコミュニティーがあなたを待っているはずです。

世の中に、根っからの悪人はごくわずかですからね。
ただみんな、不安の中で迷っているだけなのです。

だからそこに必要なのは、やはりあなたの優しさなのです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
現在、コメント返信は停止しております。予め、ご了承下さい。

 - 気持ち・思考 , ,