MiyabiyNoCafe

迷った時のスピリチャルブログ

Follow Us!

臓器や部位から考える病気と因果の結び付き論

   

海と青空と小屋

東洋医学には『五臓六腑』という、考え方の仕組みがあります。
『気の流れ』と大いに関係があるので、西洋医学押しの人には信じられない分野なのだとも思います。

小さな病院の医師が『気』を口にすると、少々敬遠されてしまいますが、実は現代の大病院内で東洋医学が研究されていることは、あまり知られていない事実なのです。

今回はスピリチュアルな観点を踏まえ、思考や性格から出る病気について考えたいと思います。



相手の話

野生の動物界では、人間ほど病気はありません。
弱肉強食以外の死因は、ケガや飢えでしょう。

さて、人間社会の最大の悩みは『人間関係』です。
これさえなければストレスから解放され、ほとんどの病気は無くなるはずです。

ストレスは例外を除き、多くの病気の原因となっていますが『対人間』なので、東洋医学の考え方だと相手の性別も関係します。

男性・・・左
女性・・・右

例えばストレスの対象が男性だとしたら、体の左側に影響が出やすいという意味です。
原因は様々ですので、参考程度に考えて下さいね。

あと、霊的な考えも出て来るので、嫌いな方はスルーして下さい。

臓器の因果

ストレスによる思考の種類から、臓器へ影響を記載します。
結果として圧倒的に多いのは『癌』です。

物事を真剣に捉え過ぎて悲しむ思考。
肺を患うと、色白になります。

肝臓

細かいことを気にし過ぎ、必要以上に怖がったり怒ったりすると出ます。

好き嫌いが激しく、食べ物への感謝が薄い人に出ます。
食道も同様です。

思い悩み、ストレスを常に感じていると出ます。
サラリーマン男性に多い症状で有名です。

部位と症状の因果

痛みやコリ、デキモノなど、各部位の症状を上げます。

頭・ものもらい

目上の上司にうるさい人、合わない人がいる。

血縁関係のモメ事、近しい人間関係での悩み。
先祖の霊に、取り憑かれている。

リュウマチ

恨んだり、恨まれたりしている。

糖尿

人の気持ちを考えない、自分勝手な人。

腰から下の関節

浮かばれていない身内の霊の影響。

ソワソワして落ち着きが無い人への警告。

手の膨れ

部下や子供への不満がある。

子供への影響

因果とは基本的に、子供へは出ません。
自分で蒔いた種は、自分で収穫するというのが『宇宙の法則』だからです。
そしてそれは『人に優しくすれば、巡り巡って自分に帰って来る』となるのです。

しかし一部だけ、例外があります。

それは、自分では何も決めることの出来ない『親に育てられている子供の時期』です。
大体、中学生ぐらいまでですが、この期間は親の因果が多少影響してしまいます。

『親の因果が子に報い』という言葉がありますが、あれには誤解が多く含まれています。
『子に報い』ではなく、少し影響があると考えて下さい。

小児喘息

人を怒鳴り付けたり、恐怖を与える家族がいる。

アトピー

極端に人を嫌う家族がいる。

引きこもり

墓参りを、おろそかにしている家柄。

病気とストレス

ストレスを感じると体に緊張が走り、硬直が起きます。
すると血の巡りが悪くなり、新鮮な酸素を届けることが出来なくなります。

そうなれば便益力が低下し、様々な影響が出て来るのです。
健康な体は悪い菌を殺し排除しますが、自己治癒力が低下すると病気になるのです。

これが、病気とストレスの仕組みです。

ポジティブな感覚とは、ストレスをやっつけ方向転換をしてくれる働きがあります。
ですから『人生を楽しむこと』とは、何よりの薬なのです。

結局相手は、ストレスを与えているとは思っていません。
それにストレスとは与えられるものではなく、自分の中から生まれる感情なのです。

それに気付ければ、ほとんどの病気は内側から治せるのです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
現在、コメント返信は停止しております。予め、ご了承下さい。

 - 病気・医学 , , ,