MiyabiyNoCafe

迷った時のスピリチャルブログ

Follow Us!

何も起きない『世界の終わり大予言』不安ビジネス

   

十勝連峰,雪山

大予言や大殺界など『大』が付くと、大げさになります。
昔から定期的に大騒ぎされていますが、現在も地球は通常営業しています。

大丈夫です。
人類は滅亡したりしません。



噂の根源

火の無い所に煙は立たないと言いますが、大予言の発信元はどこなのでしょうか?

やはり有名なのは『ノストラダムス』ではないかと思います。
1500年代の方なので、日本では戦国時代辺りでしょうか。
医師で占星術師という肩書きで、執筆も行っていたようです。

その頃の書物が時代を超え、現代で大騒ぎされているのですから、すごいですよね。

しかし予言の詳細を見ても、世界がなくなってしまうような大げさな記述はありません。
これは噂に尾ひれが付き、雪だるま式に大きくなったと予想されます。

ノストラダムスは当時の技術や生命の可能性から『将来はこうなる』と予想していたのだと思います。

ノストラダムス
言葉の違いがなくなる
現在
英語が共通語になりつつあります
ノストラダムス
人類の寿命は200歳になる
現在
人間50年の時代から現在では100歳を超える長寿もいます
ノストラダムス
世界経済は崩壊する
現在
リーマンショックとこじ付けたいようです

そういえば私の祖父が『将来は家にいながら買物が出来る時代になる』と予想していました。
当時では、ドラえもん的な発想だったんですよね。

不安ビジネス

商売として考えると、不安の解消には『備え』が有効となります。
不安を煽り物を売るわけですから、あまり良いこととは言えません。

しかしいつの時代にも、ただただ騒ぎたい人というのはいるものです。
私の知人にもメディアに踊らされ、大予言ブームなどになると大騒ぎを始める人がいます。

それはそれで良いのですが、人にまで押し付けてくるから問題なのですよね。
私が『人類は滅亡しないから大丈夫だよ』と言うと『大変なことになるからね』と返してくるわけで、もはや手に負えないのです。

そして時間が過ぎてしまえば、何事も無かったかのようになれるのが不思議でなりません。
単純に、迷惑な人です。

長期間で歴史を読む

日本は地震大国です。
稼働するプレートの上に乗っているわけですから、当たり前の話です。

東日本大震災は、動いたプレートの踏ん張りが利かなくなり、それが弾けたことが原因でした。
そして過去の地震も話題に上がっていましたが、100年に1度はそれなりの規模で、1000年に1度は大規模で起こる仕組みがそこにあるのです。

それを『近い将来、地震が起こる』と言うのは、予言でも何でもありません。

更に地球規模で見れば、地震の影響や二次災害の原発事故も、一瞬で世界を終わらせるような範囲のことではありません。

地球の生命力

この星は、ものすごい生命力を持っています。

人が住まなくなれば、あっという間に緑に覆われ本来の姿へと戻ろうとするのです。
それはアスファルトを貫くような無現象の力です。

かつて繁栄した文明跡に現在残るのが、石だけだという事実を見れば分かるはずです。

地球のサイクルが織り成す、植物や生物の恵みを人は常に頂いています。
ですから、人間の大半が餓死するようなことも、絶対にありえないのです。

不安は罪である

過去にも何度か書いていますが、不安を煽ることも、結果不安になることも、どちらも罪深いことです。
不安は悪い波動や言葉を撒き散らし、更に悪いことを引き寄せます。

その考え方は災害を天罰と捉え、予言に尾ひれを付ける根源となるのです。

天災とは学びです。
そしてその学びとは、感謝なのです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
現在、コメント返信は停止しております。予め、ご了承下さい。

 - 気持ち・思考 , ,