MiyabiyNoCafe

迷った時のスピリチャルブログ

Follow Us!

危険な刺激体験とヤル気スイッチ

   

シャチホコ

日常とは、自ら行動しないとパターン化してしまいます。
特に日本人は守られ過ぎていますから、動物本能を忘れがちです。

そんな時、何かしらの刺激を受けたことはないでしょうか?
それは『お知らせ』であり、原動力のキッカケです。

受け取らなければ、受け取れない。
当たり前の話ですが、知らなければ通り過ぎてしまうかも知れません。



評価文化の危険性

ネット社会が浸透し『評価』や『レビュー』という表現が定着しました。
読んでみると『どれだけ求めるの?』と思ってしまう内容もしばしば。
また、異性に対し『自分を棚に上げて』の要求が大きい方がいるようにも感じます。

こうなってしまうと何を信じて良いのか、分からなくなる方も多いはず。
そもそも感覚とは人それぞれで、一致することはあり得ません。
それが分かっていながら、自分を見失ってしまうのは、あまりにも悲し過ぎます。

だからこそ、自分で決める『意志』を持たなくてはならないのです。

笑顔とは自分で笑うこと

人が病気になる原因は、2つあります。
それは『緊張し過ぎ』と『ダラケ過ぎ』です。
どちらも必要ですが、過剰なので長期化は好ましくありません。

当然、長引けば体調不良となって 何かしらの症状が現れるでしょう。
要は何も行動しないと、どちらかに偏ってしまう性質があるのです。

そもそも、笑顔一つ取っても自ら発信する努力は必要です。それなのに『私を笑顔にしてくれる人』を求めてしまうと、どんどん魅力の無い人になってしまいます。

だからこそ、受け取る前に生み出さなくてはならないのです。

刺激というお知らせ

例えば、マッサージや整体へ行くと『自分では出来ない刺激』を受けることが出来ます。
これは人の手を借りるので、一人では成せない領域です。

何が言いたいのかというと『自分一人ではどうにもならないことがある』ということです。

・やらなくてはならないけど、やる気が起きない。
・動きたいけど、動き出せない。

よくある話ですが、結局『締切り効果』で解決していないでしょうか?
これは危機感から来る刺激であり、得体の知れない恐怖に動かされているのです。

これの究極版で、事故やケガによる刺激があります。

・熱いフライパンだと知らずに触ってしまった。
・運転中、間一髪で追突を免れた。

こういった場合は大事に至らないことがほとんどで、原因を探れば、必ず自分の不注意や慣れに辿り着くはずで後悔に襲われます。

これを人のせいにしたり、不幸だと感じてしまえばそれまでですが、実は『究極の切替スイッチ』なのです。いわゆる人生の転機であり、霊(たましい)に問い掛ける『お知らせ』で、思考と方向と行動のバランスが崩れていると言えます。

これを強制的に整える節目のような作用であり、全ては宇宙エネルギーの力なのです。
ほとんどの方に経験があると思いますが、とても衝撃的ですよね。

素直に受け止め、今後に生かすこと。
それだけで、今までとは違う方向を向いているはずです。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
現在、コメント返信は停止しております。予め、ご了承下さい。

 - スピリチュアル , , ,