トレーニング

『陰陽バランス』を整えると『気エネルギー』が高まる

トンボ,青池

何もかもが、上手く行かない経験って、誰にでもあると思います。
もがけばもがくほど、悪循環を感じてしまうかも知れません。
これもまた因果であり『原因と結果』なのですが、そもそもエネルギー不足の疑いがあります。

ところで『気』とは、どんな存在なのでしょう。
今回は『陰陽』と『気エネルギー』の仕組みについて考えてみたいと思います。

『インヤン』マーク

インヤン,陰陽

このマークは有名なので、一度は見たことがあると思いますが『陰陽』を表わしています。
そして、この意味合いがスピリチュアルの理解に必要なのです。

この『インヤン』は、白と黒の共存と交わりを表現しています。
表があれば裏があり、光があれば影もあるということです。
これは全てのことに当てハマるのですが、人はつい『善悪』のような捉え方をしてしまうものです。

黒を悪と決め付けてしまうと、正しさを追求するループとなってしまいます。
これはやがて、戦争を招く思考なので『白の中に黒、黒の中に白』の意味を考えなくてはなりません。

違う性質のものが、互いにバランスを取り合っていると理解してみて下さい。

陰と陽

陰とは、東洋学医学で『内臓』を表しています。
そして陽は『筋肉』です。

これをバランスとして捉えると『筋肉が豊かな人は、内臓も元気である』と言えます。
逆に『内臓が弱い人は、良質な筋肉が付かない』とも言えます。

もう少し掘り下げてみましょう。

ひたすら筋肉に負荷を掛け続けても、やがて限界が来てケガの原因になります。
その先を目指したいのであれば、内臓から健康になる必要があります。

更に、陰とは『睡眠』で、陽は『思考』です。
勉強や考え事をしたら睡眠を取ることで『整理整頓』が行われ、ヒラメキや記憶の定着が叶います。

ですから、もしもエネルギー不足を感じているのであれば、陰陽のバランスを疑うべきなのです。
そして、どちらから取り組むべきか自分でイメージすれば、必ず分かるはずです。

鬱で苦しんでいる人に『努力が足りない』と頭ごなしに切り捨てる人がいますが、あれは罪な領域です。
動きたくても動けない、働きたくても働けない理由が、必ずあるのです。

それを煽り強引に社会へ放り出すと、内的外的の両面の思考に追い詰められ『死んで消えたい』となってしまいます。大げさに聞こえるかも知れませんが、これが思考の辿るルートです。

これだけ自殺が社会現象になっていながら、まだまだ世間は認めてはくれません。
そして無知は、人を殺すのです。

陰を鍛える

陰陽とはバランスですが、ほとんどの場合『陰』がおろそかになっているはずです。
なぜなら、体力や精神の衰えを感じた時、人は筋力トレーニングを行うからです。

『陽』を鍛える手段は知っていても『陰』を鍛えることはしないのです。
これでは、バランスが整いません。

では、どうすればいいのでしょうか?

実は改善方法は、それほど難しくはありません。
理解し意識すれば、必ず鍛えることが出来ます。

内臓とは肉体であり、食事から作られます。
ここに好き嫌いという制限を設けず、必要なものを必要なだけ頂くのです。
偏れば、必ずそれなりの結果が出ることは、既に実証済みでしょう。

これを踏まえた上で、呼吸が重要となります。

ヨガもそうですが瞑想を行い、安定した呼吸から気持ちを整えて行くのです。
『深く吸って、長くはく』を繰り返します。

自然と気持ちは落ち着き、血流に変化が現れます。

新鮮な酸素をまんべんなく届けることで新陳代謝が上がり、やがては『陽』の筋肉と結び付き、更なる進化が始まるのです。精神的にも安定し、効率の良い睡眠が取れるようになり、全ての細胞が整理整頓され、次を生み出す力になるのです。

このサイクルこそが『気エネルギー』そのものなのです。

人は『気』の中に生きている

食事については、様々な情報が発信されているので、混乱や誤解があるかも知れません。
しかし、脂も塩も砂糖も全て必要な栄養素であり『陰陽』なのです。

命が『気』を放つのではなく『気』の中に生きています。
ですからエネルギーを、大きくすることも小さくすることも出来るのです。

もしも、あなたが心と体のバランスが取れずに苦しんでいるとしたら、是非、試してみて下さい。
霊(たましい)は常に生き、学ぼうとしているのです。

-トレーニング
-, , ,

Copyright© MiyabiyNoCafe , 2020 All Rights Reserved.