MiyabiyNoCafe

迷った時のスピリチャルブログ

Follow Us!

初対面でも怖くない『波動周波数』の効率的な合わせ方

   

菜の花畑

人と直ぐ仲良くなれる人っていますよね。
種類はあるかも知れませんが、人生にはかなり有効な特技と言えます。

生まれ持った才能であることは確かですが、誰にでも真似することは可能です。
初めは気を使うかも知れませんが、効果を実感できたら人生がますます楽しくなるはずですよ。



初めましてが上手な人

人付き合いは『広さ』と『深さ』で表現されます。
広い方が良いかと言えばそうでもなく、実際は表面だけの付き合いが上手なだけの場合もあります。

ただ、その先の関係に進展しないにしても、知り合いが多いことは何かの時に相談出来る人が多いという強みにも繋がります。反対に相談される可能性も高くなるので、お互い様にはなるわけです。

広い上に深い付き合いがあるのであれば、それが最高です。

しかし、なかなかそうも行きませんよね。
本当は顔の広い人ほど、別れを多く経験しているのかも知れません。

私の知り合いにも『上手だなぁ』と思う方がいるのですが、よくよく話を聞いてみると今まで結構な回数のトラブルに巻き込まれているようです。

原因はともあれ、それはそれで疲れそうですよね。

念じた出会い

『引き寄せの法則』と同じで、呼び込まなければ友達は出来ません。

とにかく人間同士は、話してみなければ分からないことも多いですが、お互いが誘ってくれるのを待っていたら時間だけが過ぎて行くのは明らかです。

それって、もったいないですよね。

それでも神様の配慮で念が通じ合い、チャンスを与えてくれるのです。
引き合った同士は、同じ波長の持ち主です。しかしそれは、本質的なものではありません。

どういうことかと言うと『性格や考え方が同じ』という意味ではないのです。
『話せる友達が欲しい。誰かいないかなぁ。』という気持ちのシンクロです。

相性とは関係のない、その時その場で思っていた念が放たれるのです。
だからその先は、あなた次第ということになります。

シーンにもよるのですが、例えば『お見合いパーティー』や『趣味の教室』などは、同じ志の人が多く集まる場所なので、それだけ引き合う力の数は多くなります。

深さにこだわる危険性

人生は人間付き合いの修行です。なるべく多くの方と交流をもち、様々な意見を聞ける環境の中から、自分の目指す生き方を探して行くのです。

しかし、合わない人と無理やり付き合う必要はありません。もちろん仕事をする上で、ある程度の我慢は必要ですが、体を壊してしまうほどストレスを抱えるのは絶対に間違っています。

ただ、楽しさを追求するのであれば良いのですが、安心や安らぎばかりを求めていると交友範囲を狭まくしてしまう可能性があります。探す努力と出会えた喜びは、霊の成長に繋がるのです。

自分も人も変わって行く

良くも悪くも人は変わります。そしてそれに合わせ、付き合う人も変わって行くのです。
念とは繋がりでもあり、離せば消えてしまうのです。

それは自分の人生を振り返れば分かりやすいのですが、とても影響を受けたり、お世話になったり、仲良くしていたりした人達全員と、現在も交流が続いているかどうか考えてみて下さい。

疎遠になっている相手も、実は多いのではないでしょうか。
しかし、反省する必要はありません。

それが普通で、それで良いのです。

私には以前から仲良くし、頻繁に会っていた友人がいました。
しかしある時に『これは別れが近いかも知れない』というイメージが出て来たのです。
よく考えてみると相性という意味で、徐々に感性がズレて来ている気がしていました。

それからも何度かは会いましたが、回数は徐々に減り、現在では全くの疎遠になりました。
周りから見ても『親友』として成立していた仲でしたので、違和感を感じると思います。

これは私がどこかで望んでいた(念じていた)ことなのかも知れません。
ケンカをしたというのではなく、自然な流れでしたので『縁が切れた』と思いました。

今振り返っても『念』の存在を印象付ける結果となりました。

波動周波数の合わせ方

ここまでは、人と人が出会う『念』の話をしましたが、今回のテーマである『自分が相手の波動周波数に合わせる方法』をご紹介したいと思います。

私達の生活の中でも、この技を使っている人は多いです。
これはビジネスにも有効でなので、やらないにしても方法だけは知っておいた方が絶対にお得です。
とっても簡単ですよ^_^

・相手と同じ声の大きさで話をする。
・相手と同じ声の高さ(高低)で話をする。
・相手と同じスピードで話をする。
・相手と同じ調子(癖やなまり)で話をする。
・相手の意見を一旦受け入れる。

もうお分かりですよね。
そう、相手に合わせるのです。

イメージとして、コピーする感覚を取り入れて下さい。コピーと言っても全く同じにはなりませんし、『バカにされている』というところまでは行きませんので、ご安心下さい。

言葉とは言霊です。相手が発した言霊と同じような言霊が帰って来たら、人は安心するものです。
安心とは『仲間意識』であり『聞く気』に辛がるのです。

コツを知る

人にもよりますが、人付き合いとは『ガツガツ行くもの』と思っている人もいるかも知れませんが、とにかく柔らかな表情と姿勢で臨むことで、その後の展開が楽になります。

初対面で上記の方法が成功したら、2回目からは『挨拶』と『一声掛ける』を必ず実行して下さい。
それさえ出来れば、一気に交友関係は広がって行きます。
そして今度は、友好な関係を築きたい相手に力を注ぐのです。

それほど大変なことではありません。
念じ続けるよりも簡単です。

これさえ分かってしまえば、今からでも人生が変わります。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
現在、コメント返信は停止しております。予め、ご了承下さい。

 - トレーニング , , ,